事業紹介電力コンサルティング

事業内容

確実に電気料金が削減!! 信頼と実績の電力コンサルティング

多くの事業主様が電力料金30%以上削減

電力コンサルティングとは

「機械の稼働率を下げているのに電気料金が変わらない」というお客様は是非ご相談ください。

弊社電力コンサルティングは、低圧電力(動力、200V、三相)をお使いの事業主様を対象に、
従来の利便性を損なうことなく契約電力の削減をご提案する事業です。お使いの電気は、その使用目的・用途によって
大きく2つに分かれます。私たちユビニティーはお客様の低電圧力の基本料金を下げ、コストカットを実現します。

契約電力が23kwダウン!!電気料金が大幅カット実現!

あたりまえのことがECOになる電気料金でお悩みの事業主様、まずはお気軽にご相談下さい

電力コンサルティングご相談・お問い合わせ お電話でのお問合せは0120-965-367

なぜ契約電力が下がるの? 低圧電力の基本料金の仕組み

低圧電力の基本料金の算出方法は下記になります。

「基本料金」=「契約容量(KW)」×「基本料金単価(円)※」×「力率割引」(※電力会社によって異なる)

契約容量の決定方法には「負荷設備契約」と「主開閉器契約」の2種類があります。
主開閉器契約による電子ブレーカーの導入により、機械の最大電力・常時電力の変動を感知し、制御により
工場の稼働率を安全の基準内で最大限まで高めることができます。
現在ご契約されている容量から適切な契約容量にすることができます。

負荷設備契約

全ての動力設備容量の合計に
よって自動的に加算される!!

普段は稼働していない機械や稼働率の低い機械の分も、契約容量として加算されている為、契約容量(基本料金)が無駄に大きい場合があります。

主開閉器契約(新しいプラン)

機械を稼働した時に流れる電流値(アンペア)に設定され
無駄なく契約容量(基本料金)の設定が可能になる

契約容量は、負荷設備の容量・台数に関わらず、主幹につけるブレーカーによって決まります。つまり、実際に機械を稼働した時に流れる電流値(アンペア)に合わせて設定できます。 結果的に、無駄なく契約容量(基本料金)の設定が可能となります。主開閉器契約においては、主幹のブレーカー容量が重要となります。

電子ブレーカーの導入により、以下のように基本料金の大幅な削減が可能となります。リース・割賦期間が終了するとシステム費用が削減し、利益がアップします。

最新の電子ブレーカー

従来のブレーカーと違い

使用する電子ブレーカー【ACS】(CPU制御主開閉器内蔵型電力管理装置)は、主開閉器契約という電力会社の契約形態において、基本料金の大幅な削減が可能となるブレーカーです。 電気の基本料金を決定する負荷電流をCPU回路で感知し、最大容量域で制御することができ、最小限の契約容量で必要な電力量を得ることが可能となります。
また、ブレーカーの製造・販売に必要な国の認可(JET:財団法人電気安全環境研究所)を受けており、多くの事業者の方にご利用いただいております。

通常のブレーカーの場合、稼働時にブレーカーが遮断しないように最大電流以上の容量が必要となっているため、主開閉器契約にしても契約容量が下がらないか、下がったとしても下げ幅が小さくなってしまいます。
そこで、主開閉器契約のために開発された特別な電子ブレーカーで、ブレーカーに流れる電流値と、その流れる時間とを正確に計測・制御できるため、従来のブレーカーではできない動作特性を可能にしました。

あたりまえのことがECOになる電気料金でお悩みの事業主様、まずはお気軽にご相談下さい

電力コンサルティングご相談・お問い合わせ お電話でのお問合せは0120-965-367

電力コンサルティング事業

法人向け電力コンサルティングによるコスト削減のご提案。省エネ、環境保全にも役立つノウハウをご提供します。

節水コンサルティング事業

高性能な定流量コントロール機器を用いて上下水道使用量を最適化し、水回り環境を含めて大きなコスト削減へと企業様を導くシステムです。

LED照明コンサルティング事業

初期費用0円、専属担当が導入シュミレーションから商品選定まで行い、使用環境にあったベストなLED照明をノーリスクで導入できます。

太陽光オール電化事業

補助金制度+余剰電力買取制度で広がる太陽光発電・オール電化。今注目される自然エネルギーによるエコ事業をサポートします。