事業紹介太陽光発電

事業内容

環境にも経済にもやさしい太陽光発電

電力会社に頼らず自家発電で電気をまかなう時代に

太陽光発電の魅力

急速に拡がる太陽光発電!

京都議定書(気候変動枠組条約に関する議定書)の採択(1997年12月)により、地球温暖化の原因となる「温室効果ガス」の削減に向けて、世界規模で自然エネルギーへ注目が集まるようになりました。
日本では、『チャレンジ25(旧チームマイナス6%)』の推奨や補助金制度の導入などを行い、温室効果ガス削減への対策が行われています。

太陽光発電は、様々な自然エネルギーの中でも、潜在的に利用可能な量が多いことや、産業の裾野が広く雇用創出への効果も期待できることなどから、ビジネスとして注目を集めています。
ここ数年の普及率は、過去10年の成長に匹敵するほどで、これからもさらに注目が増していくでしょう。太陽光発電事業を始めるなら今が最適といえるのではないでしょうか。

補助金制度と余剰電力買取制度が普及を後押し!

2009年の補助金制度の復活により、市場の急激な成長が見られます。
国からの補助金制度に加えて、地方自治体からの補助金制度も多くなっています。さらに、同年の余剰電力買取制度(使い切れずに余った電力を、電力会社が国の定める条件で買い取りを行う制度)により、普及の後押しとなっています。

さらに、産業用案件(設置容量10kW以上)では、2012年7月から施行される全量買取制度により、企業から環境対策やCSRとして考えられていた太陽光発電事業が、ビジネスとして発展し、太陽光発電事業全体の普及に繋がっていくと考えられます。

補助金制度(国・地方自治体)+ 余剰電力買取制度 = 普及を後押し!

震災後の変化

2011年、『東日本大震災』という大きな災害に見舞われた日本は、政府だけでなく、国民の意識も変化しています。
市場調査でも、『震災によって、エネルギーや防災の問題に関心を持つようになった』と答えた人は全体の半分を占めています。《電気の供給に関して重視する点》の調査では、 『発電設備による事故がなく安全な方法での供給』を約3割強の方が求めているほか、『電気代が高くても自然エネルギーでの電力供給』を望んでいる人が、約2割強を占める結果になり、市場の意識が変わってきています。

さらに、《環境に配慮した商品や技術の開発への期待》というアンケートでは、『太陽光発電などの新エネルギーの普及促進』が企業の取り組みとして望ましいと回答した人が約6割に上りました。 震災を機に、自然エネルギーへの意識が高まっていることが見て取れます。

参考:全国1421人を対象にインターネットで実施/市場調査会社インテージ

太陽光発電システムの仕組み

太陽光発電の仕組みとしては、太陽の光エネルギーを使用して発電する方法です。
専用のパネルに太陽光があたると大半が吸収され、中にあるP型半導体とN型半導体のそれぞれに「+」の電荷と「-」の電荷が集まります。 それぞれの電荷の集まりが巨大な電池となり、電化製品などの負荷に対して電荷が流れ(電流)電気を太陽の光から取り出すことができます。

つくられた電気エネルギーは、パワーコンディショナによって直流電力から交流電力へと変換されることで、照明やエアコンなど家庭内のさまざまな電気製品で使用できるようになります。
昼間に発電した電気のうち、家庭で使って余った分は電力会社へ売電できます。ただ、夜は発電することができないので、電力会社から購入することになります。また、これらの仕組みに関して、難しい設定の必要はなく、すべて自動運転で行われます。

太陽電池モジュール(太陽光から電気を作る)
このパネルで太陽の光を受け電気を作ります。
パワーコンディショナ(家庭で使える電気に変換)
発電された電力を家庭で使える電力に変換し、システム全体の運転管理をします。
屋内分電気(電力を各電気機器に送る)
電力を各部屋で使えるように送ります。
住宅用分電盤(家庭で使える電気に変換)
発電された電力を家庭で使える電力に変換し、システム全体の運転管理をします。

あたりまえのことがECOになる電気料金でお悩みの事業主様、まずはお気軽にご相談下さい

太陽光発電システムご相談・お問い合わせ お電話でのお問合せは0120-965-367

電力コンサルティング事業

法人向け電力コンサルティングによるコスト削減のご提案。省エネ、環境保全にも役立つノウハウをご提供します。

節水コンサルティング事業

高性能な定流量コントロール機器を用いて上下水道使用量を最適化し、水回り環境を含めて大きなコスト削減へと企業様を導くシステムです。

LED照明コンサルティング事業

初期費用0円、専属担当が導入シュミレーションから商品選定まで行い、使用環境にあったベストなLED照明をノーリスクで導入できます。

太陽光オール電化事業

補助金制度+余剰電力買取制度で広がる太陽光発電・オール電化。今注目される自然エネルギーによるエコ事業をサポートします。